現役消防士~目指せ文武両道

根拠は命、仕事の原点。

防炎物品

どうも、白髪ゴリです 激務と体調不良で少し更新が途絶えました また、元気にやっていこうと思います 今回はタイトルの防炎物品についてさらっと書いていこうかと思います。 みなさんも『防炎』と書いてあるラベル見たことがありますか? (いつか写真追加す…

管理について権限を有するもの③

どうも、白髪ゴリです Part1とPart2に続き、今回も 消 防 予 第 5 2 号 平成24年2月14日 各都道府県消防防災主管部長 殿 東京消防庁・各政令指定都市消防長 殿 消防庁予防課長 (公印省略) 防火対象物等の「管理について権原を有する者」について …

消防の1日の流れ

どうも、白髪ゴリです 本日二度目の投稿で、法令とは全く関係ないですが私の職場のある日の流れを書いてみようかと思います 同じ消防でも場所によってかなり違うかなと思います これから消防に入る方など参考にしてくれれば嬉しいです ※あくまでこれは私の1…

防爆構造

おはようございます、白髪ゴリです 今回は製造所など危険物施設における電気設備について書いていこうと思います。 消防以外にも電気設備のなかで「防爆構造」って聞いたことがある人もいるかと思います 私の周りにも 「危険物施設の電気設備は防爆構造にし…

消防用サイレンタイマー

おはようございます、白髪ゴリです 今回は消防用施設について書いていこうかと思います みなさんも、消防署を見かけたとき、庁舎の上に赤いスピーカーのようなものを見たことがあるかもしれないです 昔は望楼(火災を見つけるための高台みたいなもの)や、警鐘…

電信柱と電柱

どうも、白髪ゴリです 私たちが普段何気なく見ている電信柱ですが、電柱とも言いますよね では、「電信柱」、「電柱」なにか違いがあるのでしょうか なんでそんな区別を考えなきゃいけないのかと思うかもしれませんが 消防も公務員ですし、報告書などでは正…

火気使用設備・器具~暖炉~

おはようございます、白髪ゴリです この前旅行に行ったとき、たまたま暖炉がある部屋でした 暖炉っていいですよね、風情があって、火の匂いや、揺らめきを見ていると落ち着きますよね でも、実際に暖炉を持っているご家庭というのはなかなかないかと思います…

屋内消火栓設備

おはようございます、白髪ゴリです みなさん、消防の機器と言ったらどのようなものを思いつくでしょうか 消火器・火災警報器・スプリンクラー・・・ いろいろあるかと思いますが、今回は屋内消火栓設備について書いていこうかと思います! まず、屋内消火栓…

消防車は何色?

こんにちは、白髪ゴリです ブログをはじめて1か月と1週間、はじめてコメントが付きました 自分の消防、法令、PC関連の勉強になると始めたブログでしたがコメントがつくとなまら嬉しいですね!! 書きたいことはありすぎるのでこれからも頑張っていきます …

「管理について権限を有する者」②

おはようございます、白髪ゴリです。 今回は「管理について権限を有する者」のPart2という事で 表 管理権限者の代表的な例 のうちの 〇形態 ・所有者からビルを一括して不動産会社等が長期間借り上げて(マスターリース)、管理・運営を行うとともに、借り…

公務員の副業

お疲れ様です、白髪ゴリです 今回は公務員の副業について書いていこうと思います 公務員の規則を書いてある法律と言えば、地方公務員法や国家公務員法ですよね 他にも市の服務規程や○○消防服務規程などがあると思います では、見ていきましょう! 地方公務員…

空気呼吸器の刻印

おはようございます、白髪ゴリです 今回は空気呼吸器についてチラッと書こうかと思います みなさん、使用している空気呼吸器はバラバラかと思いますが 呼吸器のボンベに刻印されている表示と言うのはほぼ同じかと思います では、その刻印はどのような根拠で…

知ってるようで知らない単位

おばんです、白髪ゴリです。 今回は雑学ですが単位について書こうと思います。 以前チラッと「高層建築物」や「ルーメン、カンデラ、ルクス」でも紹介しましたが、私たちの身の回りにはいろいろな単位がありふれていますよね 私も消防に入った当時、「一間」…

法学入門編③民法 失火責任法

おはようございます、白髪ゴリです いつもは、消防関係宛に書いてありますが 今回は消防以外にもみなさん全員に関わってくる火災の時の法律関係について書いていきます 消防法と民法 なかなか普段の業務では関連がないかと思います しかし、消防基本六法にも…

建築物の高さ①

こんにちは、白髪ゴリです 今回は建築物の高さと階数について書いていこうと思います 消防法では、以前紹介しましたが 第8条の2では「高層建築物は高さが31mを超える建築物」、と定義されていることや 非常コンセント設備では「地階を除く階数が11以…

辞書・広辞苑・六法

おはようございます、白髪ゴリです 今回は消防法や法律など全く関係ないことですが 2018年1月12日 広辞苑第七版発行が発行されましたね 岩波書店の「広辞苑」が10年ぶりに改訂され、第7版には「ブラック企業」「東日本大震災」など近年定着した言葉や新語…

危険等級

どうも、白髪ゴリです 危険物といえば、性質や特徴により第1類~第6類に分類される 他にも性質や性状などによって分類される というほうが真っ先に頭に浮かぶかと思います ただ、その分類以外にも危険物には等級という物も存在します 危険等級とは、危険性…

資格

どうも、白髪ゴリです みなさん、資格の勉強していますか? 消防の仕事上本当に多くの物事と関わってきます 消防法や建築基準法以外にも多くの法律関係、警防関係や救助関係、救急関係、PCスキルなど様々な分野のスキルが必要となってきますよね 今回は幅広…

火気使用設備・器具の基礎の基礎

おはようございます、白髪ゴリです 今日はタイトルの火気使用設備・器具の基礎について書いていこうと思います みなさんもボイラーや乾燥機の検査 また、一般住宅の査察などでストーブなどの火気使用設備等の検査に行くことがあるかと思います では、法令上…

「鉄道」と「軌道」の違い

お疲れ様です、白髪ゴリです。 今回は鉄道と軌道について書いていこうと思います。 鉄道といえば簡単に想像できますが、軌道と聞いてパット思いつくのはボール等の放物線なんかじゃないかと思います しかし、消防法では「その軌道」ではなく、 『電車などの…

法学入門編② 民法

どうも、白髪ゴリです 1月8日は成人式でしたね 成人の日とは、日本の国民の祝日の1つです。 ハッピーマンデー制度により、1月の第2月曜日が割り当てられています ちなみに、平成11年までは1月15日と日付で決まっていたようですね みなさんの職場に…

消防自動車①消救車

こんばんは、白髪ゴリです 法令関係からは離れますが、消防自動車関連について書いていこうと思います みなさん、タイトルの消救車って言葉聞いたことありましたか? 私は、トミカさんが出している「№119 モリタ 消救車 FFA-001 」というもので初めて存在を…

地階

どうも、白髪ゴリです。 今回は消防法と建築基準法、両方が重なってくる「地階」について書こうかと思います。 地階とは一般的に「地下にある部屋」のことですよね。 消防法令上では 消防法施行令第10条第1項第5号(これは消火器具に関する基準ですが、…

アース・A~D種接地線とは何か

おはようございます、白髪ゴリです。 今回は漏電火災警報器など消防用設備等の基準の細目などに出てくる『接地線』とは一体なんなのかについて書こうと思います。 漏電火災警報器以外にも、非常コンセント設備の設置基準では、『電気設備に関する技術基準を…

法学入門編

おはようございます、白髪ゴリです。 私たちの業務に必要不可欠な法律。各法令も読んでいけばなんとなくは分かるかと思います、ただ、その基礎として法律とはなんぞや、という事を押さえておけばより理解が深まると思います。 今回は法学入門編という事で、…

「管理について権限を有する者」①

おはようございます、白髪ゴリです 今まで法令関係が殆どだったので、これから「おすすめの消防関係の図書の紹介」や「これから消防士を目指す方へ」、「体力錬成」、「消防飯」など幅広く書いていけたらいいと思います 今回は、タイトルの 防火対象物の「管…

アニマルレスキューの法的根拠

おはようございます、白髪ゴリです 消防職員なら一度は経験したことがあると思うアニマルレスキューですが、これって法的根拠はどうなんでしょうか? ちなみにペットの救出活動はみなさんの所では、なんて呼ばれてますかね 私のところでは「わんわんレスキュ…

法令の中の大文字の『つ』と小文字の『っ』について

あけましておめでとうございます、白髪ゴリです。 今年も徒然と更新していけたらと思ってます! 目指せ、一年継続! 今回はタイトルだけ見ると何のことかわからないですね(笑) 消防法に限らず、民法や高圧ガス保安法などを見ていると『○○にあつては・・・と…

ルーメン、カンデラ、ルクス

こんばんは、白髪ゴリです。 今回は法律関係から少し離れ、光の単位について書こうかと思います。 みなさんも、個人装備のライトや、投光器、車のライト、ヘッドキャップ、身近なところでは自転車のライト等、いろいろな場所で光の単位を見ることがあるかと…

令別表第一 8項

こんにちは、白髪ゴリです。 令別表第一と言えば、防火対象物の項判定に必須ですよね。 今日はその中でも8項について書いていこうと思います。 令別表第一 8項 図書館、博物館、美術館、その他これらに類するもの たったこの一文ですが、詳しく見ていくと…